警報が出るまで楽しめた七夕会の会話

 

次男、三男、四男は保育園児です。

四男は、まだ一歳さんなので、
そんなに自我も発達してない。

やれることもまだまだ、赤ちゃんです。

 

しかし、6歳、4歳の兄たちは違う。

 

もう、毎日ハチャメチャです。(^_^;)

 

そんな子供たちが楽しみにしているのが
保育園の七夕会。

 

当日が、謎の大雨の日だったので
開催できるのか。
ちょっとドキドキでしたが、なんとか午前は警報が出ておらず
開催できました。

 

前日から、三男は甚平を着たくてたまらない。

七夕会に行くために。
と小さな頭を使って、自分の荷物を片づける。

 

普段なら絶対やらない、保育園の用意も自ら進んで
リュックにパッキング。
そんなことできるなら毎日やってほしい。。。

彼は甚平のことを 浴衣 と言ってましたが。

 

「女の子とは違うんやで。」

と言ってたので浴衣とは違うらしいとは分かっているみたい。

一生懸命たんすを自ら探し、
去年の甚平をだしてきました。

 

「きついけど、これがいい。」

 

と水色に花火柄の甚平を選びます。

それは、100サイズの甚平。
確かに彼にはきついだろう。
去年と同じくその花火柄が好きらしい。

 

次男は、長男が着ていた
龍の柄の甚平をさっと、取りました。

 

そして、当日朝。
起きるのも早い。

「ご飯食べたら甚平着る」

とはりきって、ご飯食べて
自分で着てました。

 

 

「ほら、ジンベエザメ着たで。」

と、三男は相当嬉しかったのだろう。
得意げに見せてくる。

 

う??ん???

ジンベエザメ???

 

ソレは、魚ですよーーー!!!

 

 

プッと笑ってしまった子供たちとの会話でした。

三男は大真面目なんだけどね。

 

 

後で、警報がでてから昼すぎにお迎えに行っても

「ジンベエザメ着てんで。」

とまだ言ってたよ。

 

 

これは、面白がって言ってるのか、どっちなんだろうか?

 

いまだけの4歳さんの可愛らしい会話なのかもしれない。
そう思うと、この会話は頭にだけ残しとくのもモッタイナイやと
記事に書いてみたのでした。

 

来年は、1歳の4男もウキウキ、七夕会に参加できるかなぁ。
早くも来年の彼らの姿が楽しみです。