淡路島の有名神社 伊奘諾神宮(イザナギジングウ)へ行ってみた

淡路島にすごい神社がある!
と、話に良く聞く神社がありました。

 

名前は、
「伊奘諾神宮」

http://izanagi-jingu.jp/hp/

 

なにが、すごいのか。
スピリチュアルな人間でもないし、古神道に詳しいわけでもない私ですが
気になり、近くでのイメージングセミナーに参加後、立ち寄ってみました。

 

神代の昔に伊弉諾大神 が、御子神の天照皇大御神に統合の権限を委ね、淡路の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過された神宅の旧跡と伝えられてゐます。ここで終焉を迎へた伊弉諾大神は、その宮居の敷地に神陵を築いて祭られました。これを創祀の起源とする最古の神社が伊弉諾神宮です。

 

引用:伊奘諾神宮ホームページ

 

 

車で、津名一宮インターで降りて、5分くらい?
10分以内に着きます。

駐車場は神社のわきにあるので、とても便利。

20台位は停めれそうです。

大きな神社のイメージをしていたのですが、以外とこじんまりとしてました。

門は、細いシルエット。
スッキリしてます。

 

門のそばに国生み伝承の看板が立っていました。

 

中に入っていくと、池があり、橋がかかってます。
庭園も、派手すぎず落ち着く感じがしました。

写真にはうつってないのですが、池の手前を右に入ったところに
お土産屋さんがありました。
淡路の有名野菜、玉ねぎなどが買えるようです。

 

本殿の前の橋。

 

 

本殿も、この日は空いていて
さっとお参り出来ました。

古い神社と思っていたのですが、整備されているようで綺麗。

本殿の写真撮り忘れました(^_^;)

なんとなくお参りの時って、お参りすることに夢中になって
あとで、思い出すということが、おおいなぁ。

 

本殿の右手前に 夫婦の大楠

という大きな木がありました。

 

兵庫県指定天然記念物になっている木だそうです。
もとは2本のものだったのが結合して1本になったという。
とても珍しい木らしい。

 

 

夫婦円満、良縁とのこと。

若いカップルも来られるんだろうなぁ。

 

 

大きな楠は、太くてでっかい。

縄がまかれていました。

 

せっかく来たし、木に触りたくなって、そっと触ってきました。
木の肌のざらざら感が気持ちいい。

 

木の下から、木漏れ日がいっぱい見えて綺麗でした。

 

 

 

神社の入り口あたりに、古代文字なのかな。

石碑がありました。

 

 

平日の昼間にいったのですが、春休みだし
もうちょっと人がいるのかな。

とこわごわでしたが、空いてます。

とってもお天気が良かったし、空気も綺麗。
神社の前に焼き鳥店があったくらいで、あとは特にお店ぱっと見た感じ
見当たらず。

 

話に聞いていた神社に寄れて、ホッとできたのでした。
淡路観光の1つにどうぞ。

 

 

伊弉諾神宮
住所:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
TEL : 0799-80-5001
FAX: 0799-80-5021

http://izanagi-jingu.jp/hp/