毎回悩む保育園弁当を忘れないように記録してみる実験

 

うちの子供たち下の三人は、まだ保育園児です。

今行ってる保育園は月に一日だけ
お弁当日がありまして。

え、弁当か、、、、と
忘れないようにすることと、何を作ればいいんだろう。
と頭を悩ますことになってます。

5月に、ふとひらめいたのですが
頭の中でコレ作って、コレ入れてって考えてると
子供たちが横やりをいれてきてややこしい。

 

そして、イライラ爆発!!

 

という、いやーな流れになるので
絵に書いて彼らに説明すればいいのでは?

 

とやってみました。

それが、5月の弁当。

 

できるだけ身体に悪いものはいれたくないので
無添加、冷凍食品はなるたけ使わない。

色どりで流行ってるキャラ弁も私には美味しそうに見えないし
何より面倒。
ということで、キャラ弁は勘弁してもらってます。

ちいさな抵抗としておかずパックとピックは
彼らの好きそうなものを聞いて使うようにしてみたり
小さな楽しくなる工夫をやってみてるところ。

 

 

おおむね、絵とおりにできました。

そして、彼らからのフィードバックと私の作っての感想と
を書いておくことにしてみました。

 

 

先日の6月の弁当。

 

 

こちらも、おおむね、その通り。

かぼちゃグラタンは焼くのが面倒になり苦笑
やめました。

そのかわり作っておいたかぼちゃ煮を入れてみる。

だしの味が効いてるしこれはこれでいいだろう。

 

 

保管しておくために、どうしようか。
と考えたのだけれども、どうも私がんばってノート作るぞ。

とやると中断しちゃう癖があります。

 

それゆえ、メモとか軽く書けそうなものに絵を書いて
スクラップブックに貼り付けて保管するという
方法を試してみることにしました。

 

 

スケッチブックっぽい、スクラップブックは、100円均一のセリアで購入。

 

うすっぺらい感じだけども、これくらいで試すのが気楽かな。

 

ハサミで適当にイラストをくりぬいて
ぺたぺた、、、貼り付けて。

 

その外側にペンで思いついたことや
子供たちの感想などを書いてみる。

 

そんなことしてたら、けっこう楽しくて。
私の記録ですが、弁当に絞るってのもたのしいなぁと思ったのでした。

 

悩んだら、弁当本の藤井さんの本を見たりして。

 

 


 

新しいものもちょこっとは作ってみよう。
ズボラな性格と、美味しいもの食べたいものが固定されている子供たちとの
中和点を見つけてやってみます。