カメラ初心者の私が読むのにちょうどいい本「カメラはじめます!」

 

iphoneのカメラで撮る

それだけでけっこう素敵な写真が撮れちゃうこのご時世。

 

でも、なんとなく撮ってるだけでは

形にならない。

なんか上手く言えないけどもっと心にとまる写真が撮れるのではないかな。

 

そう思ってしまうのでした。

 

それでまずは、スマホカメラ本を読んで、ブロガーのヒガシーサーさんを知った。

⇒ ヒガシーサーさんの本を読んだ感想

 

 

ヒガシーサーさんが書いていらっしゃる記事から
ますます、一眼レフのカメラが欲しくなってしまい、
カメラの初心者が使えるものをとカメラマンさんに聞いたりして
NIKON D5600を悩みに悩んで購入しました。

 

 

来たカメラは、ホントに軽くて私が想像していた
昔の一眼レフとは違った!!

こんなに軽いんだ。って驚愕。

 

そりゃ手持ちでずっと持ってたら重たいけどたいしたことない重さです。

 

モッタイナイの気持ちがでてしまいダブルズームキットにしようか悩んだけど
まずは、標準のレンズで練習して何をどう撮りたいのか。
自分に向き合うことをはじめよう。そう決めました。

 

しかし、、、

やはり操作がよくわからない。

 

というわけで、カメラ初心者本を購入しました。

 

 

色々カメラ本はあるのだけど、操作のみ限定で書かれていたら
分からない言葉だらけで頭がいっぱいいっぱいになりそう。

楽しんで読めてテンションもあがるものがいい。

 

そこをかなえる本でした。

 

中は漫画でカメラの操作の基本が書いてあります。

 

全然お名前を知らなかったのですが
監修されたカメラマンさん 鈴木知子さんは
有名な方のようです。

カメラマン鈴木知子さんのブログ

 

著者のイラストレーター こいしゆうかさんの絵も
好きなタッチ。
可愛くふんわりしているので作品ももっと見てみたくなりました。

イラストレーター こいしゆうかさん

 

M,A,S,P
と書いてあったダイヤルの意味やISOって何なの?

っていうほんとカメラやってる人からしたら
何言ってるの?レベルのことだと思われることが丁寧に
分かりやすく書いてあります。

 

お花を撮るとき、ボケの写真を撮るとき、食べ物を撮るとき、、、

などシーン別に可愛く撮る写真のコツも載ってます。

 

漫画だから読んでもしんどくないのもうれしい。

 

 

何度読んでも頭がパンパンになっちゃいがちなのでしつこくしつこく読んで落とし込もう。

 

d5600の花の写真

 

ボケの写真のところを読んで撮ってみたら
後ろはボケてくれた。

 

そうそう、こういう一眼レフな写真を撮ってみたかったんだよね。

 

前と後ろをぼかすとか高度なことはまだまだ分からないけど
これも数こなしてたら勘が働くようになるんだろうな。

 

頭で考えてもできなことだらけだから、まずは失敗を重ねることからはじめてみます(*^_^*)