田舎暮らし

地域の方が祝ってくださる 新一年生を祝う会 花まつり

 

新一年生をお寺で祝う

5月12日 日曜日
母の日でした。

母の人は関係ないのですが、小学校一年生になった
子供たちをお釈迦様の誕生日 花まつりと一緒に
祝ってくださる行事がご近所でありました。

次男と同じ1年生の子供が集合しました。

学校以外で会って緊張している様子です。
はにかみながら、友達の顔を見るのに
声がかけられない次男。

なんでなんでしょうね。
自分が小学生の頃ってこんなんだったかな。

いや、こういう場で子供が学校以外で集うことが
無かったような気がします。

お経をあげたあと、花まつりの由来をお話いただいたり
花で彩られた花御堂の中のお釈迦様の像に甘茶をかけます。

お寺関係者の方や、地元の方などが見守ってくださる中、
子供たちもニコニコと、お寺で過ごしてくれました。

花御堂の花は色とりどり。

本堂に設置された花御堂はとっても色鮮やか。
花の種類もいろいろで、飾るの大変だったと思います。

姫路で参加させていただいた 西勝寺さんの
花御堂とは飾り方も違い華やかでした。

休憩中に、本堂から外にだされた花御堂。
横から、iphoneでパチリ。

色をもっとパキッとさせたら南国みたいになりそう。

そう思って、iphoneのLightroomで色を調整。
全体を明るくして、色をちょっとつけて。
トロピカルな感じになりました。

▼加工後

覗いた奥に人がはいりこんじゃったけど、
仏さまの指さしているところもかっこよく入ったんじゃないかな。

iphoneでもけっこう触れるもんだなぁと
加工しながら楽しめました。

Lightroomよりも仕事ではPhotoshopをさわることの
方が多かったのですが、Lightroomも触れたらいいよね。
こっちも、時間を作って触りたいなぁ。

田舎だから、あったかさあふれる行事がある

話がそれましたが、
花まつりでは、ご年配の方や大人と一緒にお寺に行くので
近所の家族ではない大人たちが子供たちを見守ってくれます。

ご近所の方なら、
○○の××くんだね。
と名前も分かってくれるし、どこのあたりの子か
も知ってくれている。

そういう、大人が見守ってくれることが
子育てをしている親にとっては、
ありがたいです。

知らない人ばかりで、子供が悪さをしないかな。
迷惑をかけちゃダメ。
と必死になって子供に×ばっかりつけてると親も子も息苦しくなるけども。

子育ての先輩たちが、優しい目で見守ってくださっているのは
本当に心がホッとするんです。

子供も知っている大人が増える方が楽しいみたいだし。

地域ぐるみで子供を見守っていただける
そんな環境にありがとうと感じさせていただいた日でした。

お寺さん、地域の方がた、皆様ありがとうございました。

ABOUT ME
かたつむり舎
看板、印刷物デザイン⇒雑貨制作・企画など⇒ネットショップ店長 webページから発送、クレーム対応等しておりました。 フリーランスで2009年からボツボツスタート。 自然療法や心理学(尾崎里美さんのイメージの学び)などもやってきました。 現在4人の息子たちに囲まれ、田舎暮らししながら、デザインやパソコンのこと、個人のお商売をされている方が自立して仕事できるように心理面でのサポートもしております。