仕事についての思考

値段に見合った価値とは何だろう。

デザインイメージ

 

デザイナーの制作料金について

@studiopasscom
ネットショップコンサルタントの森よしあきさんのツイッターが目に入りました。

森よしあきさんのツイッター

世の中にはデザイナーという職業の人はたくさんいます。 そして、その料金設定を聞いて憤慨する人達もいる。 それは沢山いる中での聞く人を間違っている可能性があります。 高級レストランで注文する料理と、ファミレスのランチの価格差に文句を付けても、それは違いがわからない自分の問題です。

デザインイメージ私もデザイナーという仕事をしていますが、
金額設定に関してはお客様に理解していただけない時があります。

その時にどう、説明していいのか。

悩みます。

なぜなら、明確に
「この料金が世の中の基準」
というものはデザインに関してはないです。

安いものでしたら、ココナラやランサーズという
個人が仕事を売買する仕組みもあり、
信じられない安さ 500円などで販売しています。

えっと、、、、
500円って最低賃金より安いですよね (;^_^A

500円で販売するということは、戦略があってされている可能性が高いです。

  1. デザイン未経験だから実績を積みたい学生 or デザイン未経験社会人
  2. 500円販売アイテムは広告
  3. スマホアプリなど簡単にすぐできるようなもので作る(クオリティ低い)

安く売っているけども商売です。
何かしら、利益になるように考えて動いていらっしゃいます。

ただ、人に喜んでほしい。
作ったものが誰かに見てもらえるだけでいい。

それだけの方もいると思いますが、時間をかけて
制作するってことは、どこかで疲弊しちゃいます。

自分が何を欲しているか??

買う側の気持ちとして、安いのは嬉しい。

安いラッキー!だけで選ぶのならできあがったものについても
何も言えないと思ってください。

だって自分事に思ってみてください。
時間をかけて作っているのに。
これを作るまでにかかった時間は短いかもしれない。
だけど、技術や知恵を使えるために学んだり積んできた経験は
唯一です。

しかも、書い手が作れないものを作るっていうことは
価値がありますよね。

買う前にそのサービスの実績やクオリティは
サービス内容は、見てから買ってほしいです。
書いてないのなら、質問してもいいです。

そして、自分の予算と自分がどの程度のデザインを
必要としているのか。
そこを明確にしてみる。

森よしあきさんがおっしゃっているように

マクドナルド
ガスト
ロイヤルホスト
フレンチレストラン
ホテルのレストラン

などサービスがみんな違います。

安くて早く出てくるお店、
ほどほどの値段で家族と食べれるお店、
素敵なロケーションでゆったり時間を過ごし上質の料理を食べれるお店

どこを自分は求めているのか?

そこにも視点をおいてもらえれば。

マクドナルドなら、500円~販売している
ココナラで適当に選んでいいでしょう。

そして、500円なんだから、、、、
でまた気軽にココナラで違うデザイナーに
発注して変更するのもアリ。

安く案件を受けてくださるデザイナーさんだって
個々に得意分野が違います。

イタリアン、フレンチ、ジャンクフード、カレーみたいな。

その時その時のご自身の状況によっても
選ぶお店は違っていい。

選ぶのだから、発注したいなぁと思う方の情報、
制作事例や金額、出しているサービスなど
しっかり見て検討していただきたい。

自分でも、同業者のホームページやチラシをみていたら
人・会社によってそれぞれ違います。

こんなこともサービスになるのだな。
こんな金額でだしているのだな。
説明の書き方が分かり易いな。
と、刺激を受けます。

お客様、デザイナーどちらもが気持ちよく仕事したい

デザイナーとしては、お客様と長いお付き合いができたら
ありがたいですが、サービスを受けるのは、お客様。
だから、お客様が選んでいい。

だけども、最低限の人としてのルールは守る。

たとえば、
選ぶ側だからと横柄な態度
最初の依頼と全然違う内容に変更
変更修正代をいただけなかったり、
デザイン案を過度に要求されたり
(案の数量を出すということは時間と労力かかってる)
値切る(値切り過ぎ)
連絡がとれなくなってしまう
未払いなど。

そういうことって、ご自身がされたらどうでしょう?
嫌な気持ちになりませんか?

「全部パソコンがやってくれるから簡単でしょ!」

と思われているのかもしれません。

パソコンの性能はあがってますが、やはり人間(デザイナー)が使うツール。
ツールなだけでアイデアやデザインは、人の手で作り出すもの。
制作するために時間ももちろんかかっていますし、
パソコンだってお客様のパソコンより
性能、ソフト、フォント、印刷など見えていない機器類にも
お金を投資しています。

そのへんのことも、ちらっと考えていただけたら嬉しいです。

また、デザイナーの方としても

お客様の望んでいるモノを聞き出す質問力
報告、連絡、相談をマメにする
案件によってはチームを組む
(デザイナー、カメラマン、コーダー、プログラマーなど)
作業内容に追加があった場合の金額についての前もっての説明
スケジュール、工程の説明
アフターフォローの有り無し

など自分ができる考えられるフォローについては手を尽くす必要があります。

特にフリーランスになると制作だけにドップリつかれない。
会社員の時は営業や企画の人たちが担当してくださっていた
部分についてのことを知らない。

デザインの質だけ追求するのではなく、サービスの面からも
向上させていきたい。

そして、お客様、デザイナー双方がお互いを尊重しあい、
いい仕事ができる状態を目指す。
私自身もデザインの勉強は日々していこう。

とりとめが、なくなってきちゃいましたが、
デザイナーとお客様との値段設定について思ったことを
書いてみました。

ABOUT ME
かたつむり舎
看板、印刷物デザイン⇒雑貨制作・企画など⇒ネットショップ店長 webページから発送、クレーム対応等しておりました。 フリーランスで2009年からボツボツスタート。 自然療法や心理学(尾崎里美さんのイメージの学び)などもやってきました。 現在4人の息子たちに囲まれ、田舎暮らししながら、デザインやパソコンのこと、個人のお商売をされている方が自立して仕事できるように心理面でのサポートもしております。